顔の黒ずみの解決方法!

今回は顔の黒ずみ解決方法を紹介していきたいと思います!
顔の黒ずみは目立ちやすいので一番気になる部分ですね。特に鼻の黒ずみは目立つので魅力を半滅させてしまいます。
黒ずみのケアをしてもなかなか治らないという方!正しいスキンケアで黒ずみを解決しちゃいましょう。
1.黒ずみの一番の原因は、乾燥だった!
黒ずみは皮脂や汚れが溜まって目立ちやすくなると言われています。
勿論それも原因の一つです。ですが、黒ずみの一番の原因は乾燥です。
お肌が乾燥をする事によってバリア機能が崩れて、乾燥をするとお肌が皮脂を出そうとして皮脂が出やすくなり、ニキビが出来やすくなり、黒ずみになりやすくなります。
黒ずみの一番の原因である乾燥を改善する事で黒ずみは目立たなくなります。

2.黒ずみには洗浄も大切!正しい洗顔方法を紹介。
黒ずみは乾燥が原因となる事が分かりました。しかしスキンケアで保湿と同じくらい大切なのが、洗顔方法です!
洗顔料は、固体石鹸がオススメです!固体石鹸は毛穴の中までしっかりと汚れを落としてくれます。
しかも、お肌にも優しく負担がかからないのもオススメです!
固体石鹸は洗顔ネットで泡立ててから泡で顔を洗うようにしてください!
お肌に刺激を与えないのも黒ずみになりにくいお肌の作り方です。
3.日焼けにも注意しましょう!
黒ずみの大敵は乾燥の次に日焼けです!紫外線を浴びるとメラニン色素が多く作られて黒ずみの原因にもなっています。
紫外線は晴れている日だけ!と思いがちの方も多いですが、曇りの日も意外と多く紫外線が出ています。
なので一年中紫外線対策をするのがオススメです!
紫外線を浴びると、黒ずみだけでなくお肌の老化を早めてしまうので、日焼け止めを塗るのが良いでしょう。
日焼け止めのオススメは、後ほど紹介します。

4.黒ずみがあるからと言ってむやみにお肌を痛めないように注意!
今の時代は進化していて黒ずみパックなどたくさん販売されています。
しかも黒ずみパックなどは、お肌の強い方や男性のお肌には効き目を発揮してくれますが、お肌の弱いかは逆効果です。
お肌の弱い方はシールタイプのパックをしてしまうとお肌を痛めてしまいますし、逆に黒ずみが出来やすいお肌にもなるので注意してください!

5.黒ずみを解決してくれるコスパの良いスキンケア商品を紹介!
まずは、洗顔です。洗顔は先ほど固体石鹸がオススメと言いましたが、資生堂から敏感肌用に販売されている「dプログラム」の固体石鹸がオススメです!
dプログラムの固体石鹸は、敏感肌用に作られているのでお肌にも優しくしっかりと洗浄してくれます。
そして日焼け止めですが、ビオレの「アクアリッチウォーターリーエッセンスt」という日焼け止めがオススメです。
50g配合されているのに700円程で買えますし、顔や体と全身に使用出来るのもオススメです!

黒ずみの解決方法は一番に乾燥をしないように心がける事と、紫外線対策をしっかりと心がけましょう。
高いお金をかけるより、日頃のケアで黒ずみは解決出来るのでこの方法で黒ずみを解消しちゃいましょう!

顔の産毛処理はどうするべき? やっぱり強いレーザー脱毛

1.口の上の産毛が濃いと、女性はつらい

いわゆるヒゲが生えるのは男性だけ……そんなことはありませんよね。女性でも産毛の濃さに悩む人はたくさんいます。なかでも、産毛とは言えないような濃い毛が、数本生えている人も珍しくないものです。産毛に混じった濃い毛、まるで男性のヒゲのような太さのものもあるので、メイクのときに悩む人も多いのではないでしょうか。

2.どう処理するのがいい?

ヒゲのような太さのものは、毛抜きで処理するのが一番早いでしょう。太いだけに、毛抜きで簡単にキャッチできますし、一度抜いてしまえば次に生えてくるまで時間も稼げます。それ以外の、抜くほどではないけれど生えたままにするのは恥ずかしい、という産毛はどうするのがいいでしょうか?
顔に石けんなどをつけた状態で、カミソリで剃っている人も多いと思いますが、カミソリを直接肌にあてるのは避けたいもの。フェイス用の電動シェーバーをおすすめします。パナソニックの「フェリエ」などが有名です。石けんもいらないですし、気付いたときに簡単に剃ることができます。1本あると、指毛などもささっと処理できるので便利です。価格も1000円から4000円程度と、お手頃です。

3.やっぱり強い、永久脱毛

抜けばすむとは言っても、太い毛は厄介です。これから皮膚の表面に出るか出ないか、という毛はなかなか毛抜きでは抜けませんし、そのわりに結構目立ってしまったりしますよね。一番オススメなのは、クリニックでレーザー脱毛することです。太い毛にはしっかり反応しますから、ヒゲのような毛の手入れに悩まされることもなくなります。

4.クリニックはどう選ぶ?

まず、いわゆるエステサロンでのフラッシュ脱毛はオススメできません。医療レーザーに比べ、出力も低いですし、永久に生えてこないという保証もありません。医療レーザーの場合、万が一やけどなどをしてしまっても、その場で医師に診察してもらえるので安心です。大事な顔にするものですから、しっかり選びたいもの。また、医療レーザー脱毛は、サロンに比べて料金が高いように見えるかもしれませんが、かかる回数などを考えると、サロンよりも割安ですんでしまうこともあるのです。
ただし、医療レーザー脱毛は黒くて太い毛には反応しますが、産毛には効きづらいという面もあります。産毛をまったくなくすということは難しいと思っていたほうがいいでしょう。それでも、数本生えているヒゲ状の毛がなくなるだけでも処理はとっても楽になりますよ。産毛は別としても濃いめの毛には反応してくれますから、シェーバーで処理する頻度も減ります。
レーザー脱毛をしている期間は、日焼けをしていると出力を上げにくくなってしまうので、UVケアに気を付けましょう。

5.まとめ

医療レーザー脱毛で太いヒゲ状の毛をなくす。電動シェーバーで産毛を処理する。このようにすると、口下を処理する手間や頻度もかなり少なくなりますし、化粧のりもきれいになります。
口下の産毛は目立ちますし、コンプレックスに思っている人も多いのでは?
今はいろいろと便利なものがあるので、活用してコンプレックスを解消してくださいね。

ほうれい線はなぜできる?原因と解消方法とは?

1.ほうれい線の原因とは?
ほうれい線は口と頬の間に入る縦のシワの事を言います。
ほうれい線ができると一気に老けて見えてしまうため、気にしている女性も多いのではないでしょうか。
ほうれい線の原因は、加齢によるものもありますが、乾燥も原因の一つです。

年齢を重ねると肌のハリを保つコラーゲンが減ってしまうので、頬のお肉を持ち上げることができず、重力によって頬の肉が垂れ下がってしまいます。
それによりほうれい線がくっきりと目立ってしまうのです。
また乾燥もほうれい線の原因となります。肌が乾燥すると、肌の内部の水分量が減ってしまい、シワが目立つようになるのです。

2.ほうれい線を改善する方法とは?
ほうれい線を改善するためには、加齢によって減少していくコラーゲンを補う事が効果的です。
コラーゲンを補う方法は、化粧品からコラーゲンを補給することもできますし、サプリメント、食品からコラーゲンを補う事も出来ます。コラーゲンを多く含む食材は手羽先や豚足、豚バラ肉などがあげられます。
食品から十分なコラーゲンを補うのが難しいという人は、サプリメントを取り入れれば手軽にコラーゲンを摂取することができます。
しかし食材からコラーゲンを補給する方が体への吸収率が高まるので、なるべく食品から摂取した方がいいでしょう。

3.ほうれい線を解消するエクササイズとは?
減少していくコラーゲンを補って肌のハリを取り戻すという方法以外にも、顔の筋肉を鍛えてほうれい線を解消するという方法もあります。
顔の筋肉が衰えると、頬のお肉を支えることができなくなるので、ほうれい線も深くなります。しかし顔のエクササイズで頬のお肉を支える筋肉を鍛えることで、頬のお肉を引き上げることができ、ほうれい線を浅くすることができるのです。
普段の生活で使っている顔の筋肉は限られているので、使わない筋肉はどんどん衰えていきます。そのような筋肉を意識して鍛えることで、顔のたるみを改善、予防することができるのです。
顔の筋肉を鍛えるエクササイズは、口を大きくあけて「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と言うだけです。
頬全体の筋肉をしっかり使って動かすことで、頬の筋肉を鍛えることができます。また口を閉じた状態で、口の両端の口角を思いっきり上げて数秒間キープするだけでも、頬の筋肉を鍛えることができます。

4.普段の生活から笑顔と会話を意識する
ほうれい線を改善するためには、頬の筋肉を鍛えることが必要だということを説明しました。
もちろん顔のエクササイズを続けていれば、頬の筋肉を鍛えることができますが、より効果的な方法は毎日の生活の中で笑顔と会話を増やすということです。
よく笑う人はほうれい線ができにくいですし、よく話をする人も同じようにほうれい線ができにくいです。
しかしあまり人と会話をしないという人は、頬の筋肉が衰えやすく、ほうれい線ができやすくなってしまいます。
また人と会話をすることで、表情も豊かになり、顔全体の筋肉を鍛えることができるというメリットがあります。いつまでも若々しくいたい人は、たくさんの人とコミュニケーションをとるということが大切になりますね。

5.ほうれい線を隠すメイク術とは?
ほうれい線を薄くするには時間がかかるので、それまで待つことが出来ないという人も多いのではないでしょうか。そのような人は、メイクでほうれい線を目立ちにくくすることができます。まずファンデーションを塗る前に化粧下地を使います。
いきなりファンデーションを塗ってしまうと、ほうれい線のシワに粉やリキッドは入り込んでしまうので、まず化粧下地を塗って肌を平らにしておきます。
その上からリキッドファンデーションを叩き込むようにのせていきます。
伸ばして塗ってしまうとシワが目立ってしまうので、しっかりシワに叩き込みましょう。最後にパウダーを軽くのせるだけで、ほうれい線が目立ちにくくなります。
さらに軽く細かいラメの入ったパウダーを重ね塗りすれば、光を反射してふっくらとした印象に仕上がりますよ。

6.まとめ
ほうれい線は年代に関係なく表れます。20代の女性や10代の女性でもほうれい線に悩んでいる人はたくさんいます。そのことを考えると、加齢だけが原因ではないということが分かりますよね。
女性の肌に大きな影響を与えるのが、睡眠です。
なぜ睡眠によって美肌が作られるのかというと、睡眠中に分泌される成長ホルモンが影響しています。夜10時から2時の間がゴールデンタイムといい、成長ホルモンを多く分泌しています。
さらに睡眠に入ってからの3時間に多く分泌されるので、質の良い睡眠が大事と言われているのです。
夜更かしをしている人や、睡眠不足の女性にほうれい線が多いのはそのためです。ほうれい線を解消するには、規則正しい生活習慣と年齢によって減少していくコラーゲンと筋肉を意識しましょう。